講演会のご案内

講演会:情報と防災
タイトル 情報と防災~発信者、メディアの立場で考える~
講演内容 市民へ提供される防災情報は、災害に備える予防期、台風接近時などの警戒期、発災後の応急期、その後の復旧・復興期のいずれのフェーズでも重要な役割を担っています。 近年の放送や通信技術の高度化やサービスの普及にともない、これら防災情報の共有や伝達、表現方法においても様々な進化がみられます。市民の目線で、発信者やメディアにおけるよりよい情報提供の仕方についてご講演頂きます。
開催日 2020年2月26日(水)
受付/13:30
講演会:14:00~16:00
会場 ANAクラウンプラザホテル(鳥取県米子市久米町53番2号)
定員 50名(参加費無料) ※要事前予約
申込み方法 FAXまたはメールにてお申込みください。

鳥取県民チャンネルコンテンツ協議会(株式会社SCN内)
FAX:0859-22-8160 / Mail:info@sc-net.ne.jp
講師紹介 ◆講師プロフィール◆
東京大学大学院理学系研究科地球惑星物理学専攻博士課程修了。理学博士。東京大学地震研究所などを経て、平成20年度から29年度まで人と防災未来センター研究員。平成30年度から現職。専門は災害情報,被災者支援など。障がい者を含む市民への災害情報の伝達や、救援物資の調達・輸配送業務の改善、自治体の地域防災計画や受援計画等の策定などの研究、研修などに従事。
●内閣府:防災スペシャリスト養成 企画検討委員会委員
●総務省:今後のLアラートの在り方検討会委員
●国土交通省:ラストマイルにおける円滑な支援物資輸送の実現に向けた検討会座長